夏

 

日焼け止めに表示されてる「SPF」や「PA」、また日焼けを起こす紫外線にも種類や特徴があります。

 

適切な日焼け対策が肌へのダメージを軽減するので「SPF」と「PA」と紫外線について説明します。

 

「SPF」と「PA」の違いと役割について

SPF PA
効果対象 紫外線B波 紫外線A波
指標と効果 1から50+までで数値が大きい方が防御効果が高い 4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が多い方が防御効果が高い

 

   

紫外線の種類と肌への影響

紫外線には紫外線B波と紫外線A波があります。

紫外線B波(UVB) 紫外線A波(UVA)
特徴 短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、黒化につながりやすくなる 一時的な黒化を引き起こし、長時間かけて肌の弾力を失わせる。波長が長く、30〜50%が表皮をも通過して肌の奥にまで達してしまう特徴があります